取得ドメインが実は中古で、しかも過去にスパム行為をしていた時の絶望感

64a160b2b13714701ec934966da592c4_s

当サイトは「terahit.com」というドメインです。
つい最近取得しました。

コンピュータ系の知識に明るい人なら理解されるかと思いますが、このようなドメイン名が2014年現在で空きドメインとなっていることは、少々驚きではないでしょうか?

特に有名な単語でもなんでもありませんが、語の組み合わせとしてはとっくの昔に取得されていて然るべき組み合わせです。この手の組み合わせ方をしたドメインは、ほぼ空いていないのが現状です(.com以外はいくらでもありますが・・・)。

速攻でドメイン取得

ですから私はこのブログを開設するために適当なドメインを探していたとき、なんとなく検索したこのドメインが空いていることに驚いて、考える間もなくすぐに取得しました。

そしてWordpressを用いてサクサクとブログ開設。
いい気分で記事を書き始めていました。

気分は暗転直下

そんなとき!
ふと嫌な予感がして「”terahit.com”」でGoogle検索してみたところ・・・

なんと過去に出会い系業者っぽい迷惑メール?の誘導先サイトとして使用されていた痕跡が見つかったのです。時期にして2006年から2007年頃のようです。

これは迂闊でした。
過去に誰かに使用されていたとは想像すらせずに、「こんなドメインが空いているなんてラッキー♪」くらいな感じで無闇にドメイン取得してしまった自分がバカでした。

急いでスパム判定チェック

あー、しまった~と思いつつも、恐る恐るこのドメインがSPAM判定されているかどうかをaguse.jpで調査。

結果はオール「SAFE」ということで、とりあえずは問題なさそうです。ホッと胸をなで下ろしました。

ドメイン取得時の教訓

オールドドメイン(中古ドメイン)というのは、過去のページランクを引き継げる可能性があるなどのメリットがある反面、今回の件のように真逆のデメリットもあります。私のようにそのドメインが中古であるということにすら気づかない場合は特に危険です。

皆さんもドメインを新たに取得する際には、以下の点に気をつけてください。

  • 過去に誰かに使われていたことがあるか
  • スパム的な使用をされていたかどうか

Googleで検索する際には、ドメイン名をダブルクオーテーションで囲って検索すると良いと思います。
【例】”terahit.com” でググる

以上ドメイン取得時の教訓でした。

【参考リンク】自分のドメインがスパム扱いされているかの チェックをする所を… – 人力検索はてな

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク