Android版Chrome38で中華フォントが表示される問題:追記あり

私が使っているスマホで、Chromeに表示されるフォントがおかしくなっていることに気が付きました。下記のような感じです(画像クリックで拡大)。

chrome_china_font

中華フォント1

chrome_china_font2

中華フォント2

なんかもう、全体的に違和感がありまくりなフォントですよね。特に「直」という漢字に至っては違和感を通り越して間違った文字(日本には存在しない文字)になっています。

何度も発生している中華フォント事件

これらはいわゆる「中華フォント」と呼ばれるもの。日本で使われている漢字とは微妙に異なる漢字が表示されてしまうトラブルです。この中華フォントとChromeにまつわるトラブルは数年前からたびたび発生しており、その都度修正されたり問題が発生したりを繰り返しています。

今回はどうやらChrome 38.0.2125.102へのアップデート以降から異常が発生している模様。ちなみに私のスマホではChrome 38.0.2125.114となっており、末尾102のバージョンよりも後のアップデートでも問題が継続しているようです。

公式フォーラムでも事例報告多数

Google公式のヘルプフォーラムでもこの問題が投稿されており、近日中に問題が解決されそうな雰囲気があります。

【参考リンク】Chrome for Androidの中華フォントについて

こういう問題があると、ついつい「まさか他にも中華製の何か(マルウェアとかキーロガーとか)が仕込まれてたりしないよな・・・?」と疑心暗鬼になってしまうものです。

Googleさんには是非とも早く問題の修正と再発防止をお願いしたいところです。

2015/3/13 追記

中華フォント問題、いまだに治っていませんね。

参考までに私の現時点でのスマホ環境は、

Chrome 40.0.2214.109
Android 4.1.2; F-02E Build/V21R51D

です。

もう中華フォントが気持ち悪くて仕方が無いので、最近はスマホでは専らFireFoxを使っています。快適です。

2015/3/21 追記

Android版Chromeがバージョンアップされていたようで、ようやく中華フォント問題が解決しました!

現在のバージョンを確認しますと、
Chrome 41.0.2272.94

いやぁ、修正されるまで半年。長かったですね・・・。

ネット上の評判を見ますと、今回のアップデートで中華フォント問題が解決したという声が多くあります。
しかし一方、今回のアプデで逆に中華フォント表示が新たに発生してしまったという現象も起きているようです。
L-05DやP-02Eなどがそれに該当するようですね。

この品質管理の体たらく、天下のGoogle様の技術力はいったいどうしてしまったのでしょうか。

問題が発生している方は、公式フォーラムに情報を提供すると解決が早くなるかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク