RX100でタイマー連続撮影時の注意点

rx10020150113-3

RX100のドライブモードで選択できる「セルフタイマー(連続)」はとても便利。
これは10秒タイマー撮影において、連続で「パパパッ」と3枚または5枚連射してくれる機能です。

集合写真に最適なタイマー連射

集合写真などの撮影時にこれを使うと真価を発揮します。
大勢で写真を撮ると、どうしても誰かが目をつぶってしまったり。
なかなか全員のタイミングが合いませんね。

しかしこの「セルフタイマー(連続)」機能を使えば、それも解決。
連射された3枚(または5枚)のうち、少なくとも1枚は全員がしっかり目を開いている確率が高まります。

気づきにくい制限事項

先日、親族で集合写真を撮ったときのこと。

室内撮影で暗かったので、セルフタイマー撮影時にフラッシュを焚いて撮りたかった。
でも何回シャッターを切っても光らない。「強制発光」にしてもダメ。

どうしてだ、と焦りましたが、こういうことでした。
RX100ユーザーガイドに小さく書かれていた下記の一文。

ご注意
  • [セルフタイマー(連続)]、[連続ブラケット]では、[フラッシュモード]は[発光禁止]になります。

http://www.sony.jp/ServiceArea/impdf/pdf/44329430M.w-JP/jp/contents/02/04/06/06.html

ああ、連続撮影ではフラッシュは使えないのね。

よく考えたらそれもそうですね。
連続3回も光らせられるほど電力をチャージできないでしょうから。

当サイトのオススメ・集合写真時の設定

というわけで、撮影者自身も写り込む必要があるときの室内集合写真では、

  • セルフタイマー(10秒、連続なし)
  • フラッシュあり

明るい屋外の場合は

  • セルフタイマー(10秒、連続3枚または5枚)
  • フラッシュなし

がteraHit.comのオススメな設定方法です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク