Android開発者のためのJava入門サイトが便利

先日よりAndroidアプリ開発の勉強をしているterahit.com管理人です。

Android入門書などを読んでいると、Javaの構文などの説明無しにいきなりオブジェクトのインスタンス生成とか、importとか出てきます。
初心者向けの入門書なのに、どうやらJavaの基礎は知っている前提で本が書かれているようです。

しかし私のようにJavaが全くの初めてで、OOP(オブジェクト指向)についてもあまり理解していない人にとって、これはかなりキツイ。

いきなり、

public static void ~~~~

とか書いてあって、それについて説明も無く講座が進んでいく。
いやいやいや、staticって何? voidって何?
とりあえず写経すればアプリは動くけど、動作が理解できてないよ! となる。

ではJava自体をまず先に勉強しようと思っても、あまりにも範囲が広すぎるというか、そもそも何をどれくらい勉強したらいいか見当がつかない。っていうか「Java SE」の「SE」って何だよ!? 意味がわかんねーよ! って感じです。

Androidを開発するにあたって必要最低限なJavaの基礎知識だけ手っ取り早く勉強できないもんかな~と思っていたら、ズバリそんなサイトがありました!

【参考】Android開発を目指す人のためのJava超入門

上記リンク先は本当に素晴らしい解説サイトです。
「Android開発を目指す人のためのJava超入門」ってまさに望んでいた通りのタイトルですし、中身も期待通りでした。

そして何よりも説明がわかりやすい!
何を最低限覚えるべきなのか要点を絞っており、無駄なことを心配しなくて良いのが素晴らしいです。

また、この手の初心者向けプログラミング解説によくありがちな「ここはおまじないだと思ってください」で説明を逃げる、というのが無いのが好感持てます。
きちんと、「なぜ」「何のために」「どういう理由で」そのコードが必要なのかが明記されていて理解を助けてくれます。

これからAndroid開発を勉強したい入門者は、本なんか買うよりもまずこのサイト様に目を通すことをおすすめします。

Android開発を目指す人のためのJava超入門

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク