YAMAHAのミニクラシックギター CS40J 購入レビュー

YAMAHAのミニ・クラシックギターとして最も安価なCS40Jをレビューします。
昨年購入してしばらく使ってみての感想です。

まず最初に驚いたのが、この値段でこのクオリティ!?ということです。Amazonでは14000円を切っています。もうそれ以上は下げようがないほど安い値段ですが、作りはとっても丁寧でしっかりしています。

フレットの処理も問題ないし、チューニングも安定している。
オクターブ・チューニングも問題なさそうです。

ボディは見た目の良いグロス塗装だが、ネック裏はサラサラ仕上げ塗装なので手の移動がスムースです。手に汗をかきやすい私としてはこれはとても嬉しい仕上げ。

強いて細かい点を言えば、ネック裏の塗装に少しムラがあります。塗料が点状のダマのようになってほんのわずかに盛り上がっている部分が(私が所有している個体には)2箇所くらいあります。そこをピンポイントで触れば確かに指先にかすかに感じるものはありますが、わざわざ意図してそこを触れない限り、普段弾いているときには全く気になりません。

肝心の出音についてもすごくいい音だと思います。
音量も集合住宅で弾くには十分というか、むしろ気をつけないと隣から苦情がくるくらいの大きな音量が出ます。

580mmスケールということでフレットごとのピッチ(間隔)はかなり狭めです。しかし成人男性でも弾きにくいというほど狭いわけではなく、曲によってはむしろ狭いおかげで楽々弾けることでしょう。

指板の幅も狭い(細い)ので、ガットギターなのにまるでフォークギターのようにローポジで握りこんでのコードじゃかじゃか演奏も可能です。

一言で言えば「さすがヤマハ!」ですね。インドネシア製ですが、伊達にYAMAHAロゴをつけているわけではありません。
信じられないコスパの良さです。

老若男女問わずオススメ。
初心者の一本目に良し、中級者のセカンドギターとしても良し。
各家庭に一本置いておいたらいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク