avast!は、まず自身が怪しくないように心がけてほしい

ウイルス対策ソフトであるavastの無料版にお世話になっております。

ときどき、有料版へのアップグレードを促すポップアップが出てきます。
今日は「特典を受け取る」というポップアップ内のボタンを押すと、以下のようなウインドウが開きました。

avast_china_font

「怪しいファイルを安全に・・・」などと書かれています。
しかし、まずこの画面自体が怪しすぎるよ!と言いたいです。

文字がいわゆる中華フォントなんですね。
これが非常に違和感あって気持ち悪い。

「今」「続」「返金」などという字に注目していただくと分かりやすいですね。
普通の日本語フォントとは微妙に違う字体で、いかにも「怪しい」印象なのです。

こうした中華フォントで安全を謳うというのは、ちょっとマッチしてないように思います。日本人から信頼を得たければ、日本語用のフォントを使うべきだと私は思います。

無料で使わせてもらっているのであまり偉そうなことは言えませんが、逆にこの状態ではなんだか危なっかしくて有料版にアップグレードしたくても出来ませんしね・・・。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク