復活したテキサスバーガーを食べてきたのでレビュー

texasburger_main02

かつて大ヒットを飛ばしたマクドナルドのテキサスバーガーが期間限定で復活しました。

私も2010年当時に食べたとき、「すっげー旨い!」と感動したものです。少なくともあのときのBig Americaキャンペーン4種の中では最も好みで美味しかったと記憶しています。

やはりみんなに大人気だったようで今回また復活。

昨日2016/10/5より販売ということで、早速行って食べてみました。

特製の箱に入ってました。
「みんなの愛で大復活」と書いてあります。

2016-10-05-04-21-30

開封して上から見たところ。

例によって広告写真とはだいぶイメージが違う仕上がりです。

texasburger_sub01

ちょっと撮る角度がイマイチでしたが、広告と実物の差をご覧ください。

箱を開けてパッと見た最初の印象は「茶色い・・・」。
写真ではチーズが見えませんが、裏側に縮んでチョロンと鎮座。
また、フライドオニオンはバーガーからこぼれ落ちて箱の角に溜まってました。

気を取り直して実際に食べてみる。

・・・うーん・・・、こんな味だったっけ???

いやまあそこそこ美味しいですが、かつてのように「うめえええええ!!」って感じでもないですね。テキサスバーガーが変わってしまったのか、自分が変わってしまったのか。若い人にはいいかもしれません。

それに「茶色い」という見た目の印象通り、肉・ベーコン・チーズ・フライドオニオンと、クドい食材のオンパレードです。緑のレタスでも少し入ってたらもっと美味しいだろうなぁと個人的には残念な気持ち。

あとソースの味はとても美味しいんですが、「位置」が残念ですね。これはマックのバーガー全般に言えることですが、そういうところだけ律儀に広告写真通りにしようとでもいうのか、ソースが端っこのほうにあるのが解せない。持っただけでボタボタ落ちるし、噛んだりしてバンズに圧力がかかるとはみ出るし。はみ出しにくいようにパテの真ん中とかにソース入れてくれないかなぁ。

というわけで、まあ話のネタに一回食べるくらいでいいかな?という個人的な感想でした。

自分の中で以前の美味しかった記憶が美化されすぎてちょっとハードルが上がっていたかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク