Chrome42のフォントが変わった件について

chrome

昨日、Windows・Mac・Linux向けのChrome最新版(バージョン42.0.2311.90)が公開されました。

【参考リンク】「Google Chrome 42」安定版リリース プッシュ通知機能追加と45件の脆弱性対処 – ITmedia ニュース

新しいPush通知機能への対応や多数の脆弱性の修正などがあるとのことで、早速更新してみました。

すると・・・

なんか画面に違和感がある。
今まで見慣れていたサイトの「見た目」がなんとなく違う。
っていうかレイアウトが微妙に崩れているサイトもある。

もしかしてフォントの扱いが変わったのか!?と思って検索。
どうやらWindows版Chromeにおいて、「html lang=”ja”」が設定されているサイトを閲覧する場合、基準フォントが全てメイリオになったとのこと。その影響で見た目に大きな違和感が出たようです。

【参考リンク】Google Chrome 42 のフォント仕様について – Qiita

私が運営しているサイトのいくつかでも、このフォント変更の影響でボタンの位置などが変わってしまったものがあります。メイリオってMS Pゴシック等と比べてモダンで綺麗ではあるんですけど、微妙に文字の余白(?)が大きくて間延びした感じになるんですよね。特に「(」や「)」などカッコを使ってると余白の影響が大きい。

私は基本的にChromeを最優先対応ブラウザと考えているので、これは一度、運営サイトを全体的に見直す必要がありそうです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク